読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サヨナラ℃-ute

℃-uteが解散する日までを綴る。ときどき室田

アンジュルム三郷

4/9(日)
アンジュルムのホールツアーへ行ってきました。三郷市民文化会館。町や駅などの風景は座間みたいでした。初めての場所でした。アンジュルムよ、晴れ女集団じゃなかったの?と思うくらいの雨。桜を散らす雨で、外で開場待ってるのつらかったです。これはあの矢島さんの血を受け継ぐ竹内朱莉さんの降らせた雨なのでは…血は争えないな…と思いました。
現場が違えば来てるヲタクも違いました。なんか重鎮っぽい人が多いような気がしました。初日だからかもしれません。
ライブは全体的に和田彩花さんが好きそうな演出だと感じました。いや、私、和田彩花さんのこと何も知らないですけどね。でもこれはあやちょだなぁって、至る所で思いました。衣装も珍しく!珍しく!素敵です。あと、アンジュルムのライブは跳ぶ人がそんないなくて、快適でよかったです。席の運がよかっただけなのかもしれないですが。あれですね、ヲタへの教育がちゃんとしているなという印象を受けました。リーダーがちょっと怖目だからかな。。
ところで私は最近室田瑞希ちゃんに夢中でございまして、今回のライブはほぼ、むろしか見てません。他のメンバーも見たい!あやちょポニテじゃん!とか、チラッと思うんですけど、それができないくらい、むろは魅力的でした。決してすごくセクシーな人ではないんです。色気が出て来たとか言われてるけど。足の筋肉すごくあるし、競走馬みたいに、細身のカッコいい足をしています。なんかこう、膝にシワがあって、ライザップみたいな足なんです。わかりにくいかもしれないですが、絶対に褒めてます。むろが魅力的なのは、もちろん足だけではなくて、表情の作り方とか、踊りとか、昨年とはまた違ってて引き出しが増えていました。加入当初は、とにかく目立とう目立とうとしてる子だと思っていたのですが、引くところでは引くという技術を学び始めていると思いました。昨年の5月の武道館くらいしか行ってないですけど、成長とか変化は物凄い分かりました。
普段私はライブを見るときに、軽く迷惑にならない程度には踊る人なのですが、今回踊るのやめるくらい、ほぼ双眼鏡でした。これは、誰も聞いてないですが私にしては珍しい現象です。

実はあと2回!もしも武道館行くとしたら3回!このライブに行く予定なので(お前℃-uteヲタだったんじゃないのか最低だなこの野郎という言葉は甘んじて受けます)、その時は全体をもっとよく見たいと思います。武道館も行かないよ?だって月曜だよ?と言いながらいつもなんだかんだ行ってしまうので、なんだかんだ行ってしまう事でしょう。その時こそ、きっといつものようにひどく天空の席に当たるでしょうから、全体を見たいです。